ようこそ! 「杜仲茶ダイエット」へ

杜仲茶ダイエット

茯茶の楽しみ方



「杜仲茶ダイエット」は杜仲茶を飲むだけのダイエット法です。

普段飲んでいるお茶を杜仲茶に変えて、一日に何杯も杜仲茶を飲みましょう。

1日2リットルくらい杜仲茶を飲むことを目指してください。

水分を摂るダイエットでは、最初の1ヶ月は体重が増えることがあるので、せめて二ヶ月は実行試してみましょう。

会社や学校にも杜仲茶を水筒に詰めて持っていくようにすればいいですね。

杜仲茶のお茶葉を買ってきて、一度に大量に作っておくほうが経済的です。

今は手軽なお茶になったものも市販されているので、それを利用すれば面倒くさがりの人でも大丈夫ですね。

食事制限や運動をするわけではないので、リバウンドの心配も少ないです。

さて、なぜ杜仲茶がダイエットに効果的なのでしょうか?

杜仲茶には、鉄分や亜鉛などミネラルを豊富に含んでいますが、杜仲茶に含まれるゲニポシド酸という成分が脂肪やコレステロールの再吸収を抑制し、体脂肪を減少させるためとされています。


近年、ラットをつかった実験で、杜仲茶には食事で摂った脂を効率よく分解・燃焼する作用があることが明らかになっており、杜仲茶のダイエット効果を裏付ける結果となりました。


また、杜仲茶には単なるダイエットだけでなく、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)の解消にも効果があるらしいです。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪に加え、高血圧や高血糖、高脂血症が重複して発症している状態をいいますが、メタボリックシンドロームになると、やがては心筋梗塞や動脈硬化を引き起こす可能性があり、日本の中年男性の約半数がメタボリックシンドロームだという衝撃的な調査結果が公表され、問題となりましたね。

最近の研究によれば、杜仲茶の茶葉を1日に約10g飲むと、メタボリックシンドロームの改善に効果があることがわかりました。


杜仲茶には内臓脂肪の蓄積を抑える「アディポネクチン」と呼ばれる成分を増加させ、メタボリックシンドロームを総合的に解消する作用があるということです。

某テレビ番組の実験でも、メタボリックシンドロームを撃退する杜仲茶を飲むことで、内臓脂肪がたった2週間で半分に減りったという放送がありましたね。

また、杜仲茶を飲むと新陳代謝がアップすると言われており、生活習慣病の予防にもつながります。

ダイエット中の疲れにも効くとされるので、エクササイズと組み合わせて飲むと良いですね。

杜仲茶は高脂血症、高血圧症、糖尿病、肩こり、冷え性などにも効果があり、ダイエットや健康に気を使っている人におすすめのお茶だといえます。

杜仲茶はノンカフェインで子供からお年寄りまで、安心して飲むことができます。

実は杜仲茶は中国から来たお茶で、昔から身体に良いとされてきました。

中国茶には痩身効果のあるとうたわれるお茶が数多く出ていますが、杜仲茶もそのひとつです。

本場の中国では、杜仲茶は昔から「不老長寿の薬」として親しまれています。味はほんのりと甘く、まろやかでおいしいお茶です。


●杜仲茶の飲み方

杜仲茶の茶葉を急須に入れてお湯を注いで5分程抽出すると杜仲茶の出来上がりです。

濃くしたい場合は抽出時間を長くすると良いでしょう。緑茶を急須で作るのと同じ要領でいれましょう。


杜仲茶を煮出す場合は、茶葉10gを水から煮出して沸騰したらそのまま約10分煮出します。

作った杜仲茶は日持ちしないので、その日のうちに飲むようにして下さい。


  • seo